植物の育成で重要な役割を果たすアミノ酸資材とミネラル剤の相互作用

チュートリアル 更新日:

植物の育成で重要な役割を果たすアミノ酸資材とミネラル剤の相互作用

「アミノ酸とミネラルにはどんな相乗効果があるのか知りたい」

「理想の収量や品質の作物に育て上げたい」

「アミノ酸とミネラルを効率よく与えられる資材はないかな?」

 

このようなお悩みを抱えていませんか?アミノ酸とミネラルは作物栽培において大変重要な役割をもちますが、同時に与えることで相乗効果を発揮します。うまく活用することで、収量アップが期待できるでしょう。しかし、与える量のバランスには注意が必要です。

そこで本記事では、以下の点について解説します。

  • アミノ酸とミネラルの相互作用
  • おすすめの資材紹介

アミノ酸とミネラルについて理解し、作物がミネラル欠乏または過剰による障害を起こさないためにも、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

〈本記事で紹介されているバイオスティミュラント〉

Tecamin Max(テカミン マックス) Tecamin flower(テカミン フラワー) Tecamin Brix(テカミン ブリックス) アジフォル®アミノガード® 544 アジフォル®アミノガード® 701

 

目次

    植物の生育・発育に重要なアミノ酸とミネラルの相互作用とは?

    アミノ酸とミネラルは、相互作用によって以下のような特徴を示します。

    • アミノ酸がミネラルの吸収を促進する
    • ミネラルがアミノ酸の合成を促進する
    • アミノ酸がミネラルの代謝に影響を与える
    • アミノ酸とミネラルが作物のストレス耐性を向上させる

    それぞれの相互作用が、作物に良い影響を与え成長を促進します。1つずつ詳しくみていきましょう。

    アミノ酸がミネラルの吸収を促進する

    アミノ酸には、ミネラルの吸収を促進する働きがあります。アミノ酸がミネラルと結合している状態がキレート(錯体)です

    キレート化によって、ミネラルである金属がイオン化し安定した状態となります。そのため、植物がミネラルを非常に吸収しやすくなります。

    また、キレート化されたミネラルが植物体の中で移動しやすくなり、栄養素が不足している部位に速やかに届けられるのも大きな特徴です。

    ミネラルがアミノ酸の合成を促進する

    カリウムなどのミネラルは、アミノ酸合成に必要不可欠であるため、不足しないよう注意が必要です。また、マグネシウムには酵素を活性化させたり、酸化還元や加水分解合成などの反応を引き起こしたりする働きがあります。

    アミノ酸がミネラルの代謝に影響を与える

    アミノ酸が、作物のミネラル代謝に影響を与えることも重要な作用です。アミノ酸は、作物がミネラルを吸収したり輸送したりして体内に蓄積し、代謝に関わっている酵素の合成を促進します。

    作物はカリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルを植物体内で同化することで、有機物を生合成します。

    アミノ酸がミネラルのストレス耐性を向上させる

    アミノ酸とミネラルは、植物のストレス耐性を向上させます。例えば、カルシウムをアミノ酸と一緒に植物に施用すると、カルシウムが素早く取り込まれ作物のストレスを軽減することが分かっています。

    これはアミノ酸が、カルシウムにキレート効果を及ぼすことによって、カルシウムを作物の葉や果実に行き渡らせることができるためです。

    アミノ酸とミネラルの相互作用の重要性と注意点について

    作物の健全な生長・発育にアミノ酸と、ミネラルは密接に関わっています。そのため、実りのある収穫物を得るためにはバランスの取れた栄養管理が大切です。微量元素であるミネラルは、多すぎても少なすぎても植物にとって害が出やすいです。例えば、カルシウムが不足すると、カルシウム欠乏症であるトマト尻腐れ症などが発生しやすくなります。逆にミネラルを過剰に与えると、作物の根の生育を阻害する恐れがあります。

    微量元素の適量を調整するのは簡単ではないので、あらかじめ適切な配合料を調整された資材を利用するのが良いでしょう。

    おすすめの資材紹介

    ここでは、おすすめの資材を紹介します。

    • アミノ酸系バイオスティミュラント資材
    • ミネラル資材

    ご自身のお悩みを解消するために、ぜひ参考にしてみてください。

    アミノ酸系バイオスティミュラント資材

    ここでは、アミノ酸が中心のバイオスティミュラントを2つご紹介します。

    Tecamin Max 

    Tecamin Max は、タンパク質の元になるグルタミン酸を豊富に含んだアミノ酸系の葉面散布剤です。曇天時や日照不足などで、作物の収量が十分でないとお悩みの方におすすめです。他にも、以下のような特徴があります。

    • 暑熱期でも苗質を維持できる
    • 生育を早められる
    • 収穫物の実入りをよくできる

    アミノ酸は、植物の細胞壁から速やかに吸収されるので、ストレス状況下でも作物の健やかな生育をサポートします。

    >>Tecamin Maxの詳細はこちら

    アジフォル® アミノガード®️

    アジフォル® アミノガード® は、高濃度アミノ酸を含んだバイオスティミュラントです。アミノ酸のほかに、植物性由来成分や発酵微生物由来成分・糖を含んでおり、以下のような特徴があります。

    • 農薬と混用して葉面散布できる
    • アミノ酸とミネラルを同時に補給できる
    • 暑熱期でも苗質を維持できる

    光合成や酵素の活性化に関わっているマンガンなどのミネラルも含まれているため、アミノ酸との相乗効果が期待できます。

    >>アジフォル®アミノガード®の詳細はこちら

    ミネラル資材

    ここでは、ミネラルが中心のバイオスティミュラントをご紹介します。

    早根早起®️

    早根早起®は、鉄をキレート化したクエン酸第一鉄ナトリウムを含んだミネラル資材です。鉄は、葉緑素の合成や光合成に関与する重要なミネラルです。

    早根早起®には、ほかにも根の伸長を促進する核酸が含まれていたり、肥料3要素の窒素・リン酸・カリがバランスよく含まれていたりします。早根早起®の特徴は、以下のとおりです。

    • 育苗期間を短縮できる
    • 苗の歩留りを向上できる
    • 移植や定植時の活着を改善する

    育苗期間を短縮することで、圃場の有効利用にもつながるでしょう。

    >>早根早起®の詳細はこちら

    Tecamin Brix

    Tecamin Brixは、海藻エキスに水溶性のホウ素やカリ、窒素を含んだミネラル資材です。ホウ素はカルシウムと類似した働きをし、細胞膜の形成・維持に関与しています。

    ホウ素が欠乏すると、根の身長が阻害され作物は矮性化する恐れがあります。Tecamin Brixの特徴は、以下のとおりです。

    • 作物の色づきがよくなる
    • サイズの大きな作物を収穫できる
    • 糖量を増やせる

    作物の見た目やサイズの改善が期待できる、バイオスティミュラントです。

    >>Tecamin Brixの詳細はこちらを

    まとめ

    アミノ酸とミネラルの相互作用やおすすめの資材紹介について解説しました。アミノ酸とミネラルの相互作用をうまく利用することで、作物の生育・発育に良い影響を与えられ、収量アップも期待できるでしょう。ただし、アミノ酸とミネラルは単に与えれば良いわけではなく、バランスを考えて施用することが大切です。味の素ヘルシーサプライが提供しているバイオスティミュラントは、作物の種類や栽培時期に応じた希釈濃度が定められており、最適な量に設計されています。

    長年に渡りアミノ酸や核酸の研究を行ってきた味の素ヘルシーサプライだからこそ、生産者様の悩みに寄り添える商品を、数多く取り揃えています。作物の収量増加や品質向上のために、ぜひ味の素ヘルシーサプライの商品をご活用ください。

    0件のコメント

    コメントを書く

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

    関連コラム

    関連商品

    お問い合わせ

    AgriTecno-Japanロゴ

    味の素グループアミノ酸肥料オンライン販売

    お問い合わせフォームへ
    LINEお友達追加バナー LINEお友達追加バナー