【プロ農家向け】タマネギの栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

使用事例 更新日:

タマネギの栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

この記事ではタマネギ栽培での味の素グループのバイオスティミュラント活用方法についてご紹介します。ぜひタマネギ栽培の参考にして頂けましたら幸いです。

【本記事で紹介のバイオスティミュラント】

早根早起 アミハート® Tecamin Max(テカミン マックス)

目次

  1. タマネギ栽培の時期・栽培暦
  2. タマネギの栽培方法
  3. プロ農家向けタマネギ栽培のおすすめ肥料・農業資材
  4. 植物の肥料・農業資材でお悩みの農家様へ
  5. 1.タマネギ栽培の時期・栽培暦

    タマネギ栽培の時期・栽培暦

    タマネギへの資材施用のタイミングは以下がお勧めです。

    1. 育苗~定植直前:早根早起®(もしくはアミハート®)⇒根張り促進
    2. 定植後:発根促進⇒アミハート®
    3. 定植後~収穫:地上部生育促進、環境ストレス軽減⇒Tecamin Max

    2.タマネギの栽培方法

    播種(条まき)

    幅、深さとも1㎝ほどの浅い溝を付け、種ができるだけ重ならないように均一にまいていきます。種が隠れる程度に薄く土をかぶせて土が密着するよう軽く押さえ、たっぷりと水やりをします。種まきの時期が早すぎると、春にとう立ちすることがあるため種まきの時期を守ります。

    育苗

    土が硬くなっていたら土の表面を軽くほぐし、除草します。植え付けに使う苗は、鉛筆より若干細いくらいが適切です。太く育ってしまうと春にとう立ちしやすくなってしまいます。

    タマネギの育苗には、「早根早起®」がおすすめです。早根早起®は植物の発根促進効果を持つ核酸を豊富に含んでいます。また、キレート鉄を含み、窒素・りん酸・加里がバランス良く配合されているため、徒長しない丈夫な苗作りに最適です。

    定植

    定植時は深さ3㎝ほどの穴を掘り、苗を植え付けます。植え付け後はたっぷりと水やりをします。

    定植時には、「早根早起®」または「アミハート®」がおすすめです。「アミハート®」にも植物の発根促進効果を持つ核酸が豊富に含まれています。定植後の活着促進におすすめです。

    栽培管理

    タマネギの生育期には「Tecamin Max」がおすすめです。Tecamin Maxには吸収されやすいアミノ酸が豊富に含まれており、天候不良時の生育サポートや収量の増加が期待できます。

    とう立ちしている株が数本出ている状態か、茎葉が倒れたら収穫のサインです。

    3.プロ農家向けタマネギ栽培のおすすめ肥料・農業資材

    タマネギ栽培におすすめする味の素グループの農業資材はこちら!

    「早根早起®」 丈夫な苗づくり、定植後の活着促進に!

    早根早起®

    〈効果〉

    ポイント:丈夫な苗を育成したい、苗の根張りを良くしたい、定植時の活着を良くしたい など

    ・定植前日に500倍希釈液を潅水する、もしくは定植時に500倍希釈液にどぶ漬けすることで定植後の活着が良くなります。

    〈施用事例〉

    早根早起®施用事例

    〈使用方法〉

    ・育苗時、ポット植替時、本圃定植時に200~500倍に水で希釈してお使い下さい。

    ・128穴セルトレイ育苗の場合、1枚当たり希釈液1~2ℓが目安です。施用回数は葉菜類で2回程度、果菜類で4回程度が目安です。生育具合を見ながら施用回数を増減して下さい。

    「アミハート®」 豊かな根で丈夫な体を!

    〈効果〉

    ポイント:根張りを良くしたい、生育を早めたい、葉色を良くし作物の生育に勢いを付けたい、日照不足や高低温、冠水時などのストレス予防 など

    ・定植前日に500倍希釈液を潅水する、もしくは定植時に500倍希釈液にどぶ漬けすることで定植後の活着が良くなります。

    ・散布液は根元に染みわたるようたっぷりと施用することがポイントです。アミハート®は散布液が根に直接触れることによって発根効果を促します。

     ※作物が成長し散布液が根元にかかりづらくなった際は、アミノ酸葉面散布材「Tecamin Max」の使用がおすすめです。

    〈施用事例〉

    アミハート®施用事例

    〈使用方法〉

    ・200~500倍に希釈し、根に届くよう十分量を株元に潅水もしくは葉面散布をしてください。

    ・施用回数目安:月2~4回

    ・施用量や施用回数、希釈倍率は生育の具合を見ながら増減してください。

    「Tecamin Max」 高濃度アミノ酸が植物のストレスを軽減!

    Tecamin Max

    〈効果〉

    ポイント:曇りの日が続き作物の生育が悪い、低温で作物の生育が悪い、農薬と混用で効率的な葉面散布をしたい、生育を早めたい、収量を向上させたい など

    ・Tecamin Maxには味の素グループ独自の発酵法により作られる単分子のアミノ酸(遊離アミノ酸)が豊富に含まれているため、植物への吸収が早いことが特徴です。

    ・植物が生育ストレス(低温や干ばつ)を受ける以前より定期的な散布を行うことがおすすめです。アミノ酸の効果で健全な生育を確保することにより植物が受けるダメージの軽減効果が期待できます。

    〈施用事例〉

    Tecamin Max施用事例

    〈使用方法〉

    ・散布量目安:150~300㎖/10aを500~1000倍に希釈

    ※ドローンの場合: 100~200㎖/10aを10倍程度に希釈(散布水量0.8~2ℓ/10a)

    ・ 散布回数目安:月2~4回

    ・ 施用量や施用回数、希釈倍率は生育の具合を見ながら増減してください。

    4.植物の肥料・農業資材でお困りの農家様へ

    タマネギ栽培

    味の素ヘルシーサプライ㈱では上記の資材に限らず、味の素グループの独自の発酵技術を活用したさまざまなバイオスティミュラントを取り扱っております。「作物の根張りを良くしたい」「収量を上げたい」「生育不良を改善したい」など農家様の課題や作物に合ったソリューションをご提案します。

     

    5.タマネギ栽培のまとめ

    いかがでしたでしょうか。

    近年は台風や干ばつ等の自然災害により作物がダメージを受ける場面も少なくありませんが、ぜひ味の素グループのバイオスティミュラントをご活用頂きタマネギの健全な生育を目指しましょう!

    0件のコメント

    コメントを書く

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

    関連コラム

    関連商品

    お問い合わせ

    AgriTecno-Japanロゴ

    味の素グループアミノ酸肥料オンライン販売

    お問い合わせフォームへ
    LINEお友達追加バナー LINEお友達追加バナー