【プロ農家向け】大豆の栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

施用方法 更新日:

大豆の栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

「大豆の生産量を増やす育て方が知りたい…」
「大豆栽培において生育が進まず課題を感じている…」

このような疑問や悩みを抱えていないでしょうか。

日本でも北海道を中心に生産されている大豆ですが、収穫量を増やすためには水やりのタイミングや鳥獣対策など、注意しなければならないポイントが多々あります。

そこで本記事では、以下を中心に解説していきます。

  • 大豆の作り方や栽培スケジュール
  • 大豆の育て方における注意点
  • 大豆栽培の手助けとなる農業資材

大豆の育て方はもちろん、生育を促進させるバイオスティミュラントについても紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

〈本記事で紹介されているバイオスティミュラント〉

アミハート®Tecamin Max(テカミン マックス)Tecamin flower(テカミン フラワー)

目次

    大豆栽培の時期・栽培暦

    大豆栽培のスケジュールは上記の通りで、栽培歴は以下の3つにわけられます。

    • 生育期(播種や出芽を含む)
    • 開花期
    • 成熟期

    品種の早晩性によって異なるものの、種まきは5~7月に行い、開花期や成熟期を経て10~12月頃に収穫する流れが一般的です。

    大豆栽培の方法は大きく分けて2通りあり、畑に直接まいて育てる方法と育苗ポットを使用した育て方があります。発芽した大豆はハトやカラスに狙われやすいため、育苗ポットで苗を育てた方が安心です。

    開花期以降は台風による天候被害の対策だけでなく、大豆の成長を促すバイオスティミュラントを使うことで、生育を促進させられます。

    そして大豆の収穫時期は、茎が茶色くなり葉も完全に落ちて乾燥したタイミングが目安です。

    大豆の栽培方法

    大豆の栽培方法

    大豆の作り方に関して、大きく下記の4フェーズに分けて紹介していきます。

    • 種まき
    • 育苗
    • 定植
    • 収穫

    フェーズごとに生育を促進する製品も紹介しますので、大豆栽培の方法と合わせて確認頂ければ幸いです。

    ①種まき

    種同士の間隔を10~15cmほどあけながら、種を1~2粒ほど埋めていきます。指の第一関節が埋まる、3cmほどの深さが目安です。育苗ポットを使用する場合は、種まき用の土をいれたあと、2粒ほど埋めます。

    種をまいたあとは、温度管理に気を配りましょう。16~32℃の範囲であれば大きな差はありませんが、低温であるほど出芽が遅れます。

    ②育苗

    種まき後は、土が乾かないように水やりを行いましょう。発芽の目安は7~10日ほどです。大豆は乾燥を嫌いますが、水分が多すぎると種が腐ります。発芽後は、土が乾いたら水をやる程度で構いません。

    芽が出た後はこまめに除草します。生育初期を過ぎれば、大豆茎葉の繁茂により遮光されるため除草が不要になります。本葉が1~2枚ほど生えたら、定植のタイミングです。

    大豆の育苗には「アミハート®」がおすすめです。「アミハート®」には植物の発根促進効果を持つ核酸が豊富に含まれるため、作物の生育を早める効果が期待できます。

    ③定植

    定植時は、子葉のすぐ下まで土が被るように植えましょう。成長するまではハトによる食害や引き抜きの懸念があるため、防鳥ネットやかかしを立てるなどの対策が必要です

    また、大豆の植え替えを行ってから日が経つと、天候の影響を受けて葉が黄色く変色するなど、生育が進まないこともあります。なぜなら、大豆は日照不足や低温などのストレス環境にさらされると、光合成能力が低下するからです。そのため、大豆の成長が促進されるよう追肥を行います。

    大豆の生育を促進させるには「Tecamin Max」がおすすめです。Tecamin Maxには、高濃度アミノ酸など植物の成長に必要な成分が豊富に含まれています。大豆の成長促進はもちろん、天候不良によるストレス状況下での生育サポートも期待できます。

    大豆の植え付け後、生育の遅れが気になるようであればTecamin Maxなどを活用し、成長を促進させましょう。

    ④収穫

    大豆を収穫するタイミングは、以下のとおりです。

    • 葉がすべて落ちる
    • 振るとカラカラ音をたてる
    • 莢が茶褐色になる

    収穫が早すぎると乾燥に時間を要し、汚粒やしわ粒などによる品質低下につながります。一方で、収穫が遅すぎても裂莢による減収や、降雨などでカビの発生を招くため注意が必要です。

    また、茎水分の高い時に収穫すると汚粒が発生しやすくなります。収穫は茎及び莢が乾燥している日中に行いましょう。

    プロ農家向け大豆栽培のおすすめ肥料・農業資材

    大豆栽培のおすすめ肥料・農業資材

    大豆栽培は、種まきから収穫の間にさまざまな問題が発生します。特に、天候による大豆への影響は人の手でコントロールできません。

    そこで、大豆の成長を促進させるための手助けとなるのが、味の素グループの農業資材です。

    「アミハート®」 豊かな根で丈夫な体を!

    アミハート®

    〈効果〉

    「アミハート®」は、単分子の核酸を豊富に含むため大豆の発根促進効果が期待できるバイオスティミュラントです。大豆の育て方において、下記のような悩みを抱えている方におすすめです。

    • 根張りをよくしたい
    • 生育を早めたい
    • 成り疲れを予防したい
    • 葉色を良くし作物の生育を促進させたい
    • 日照不足や高低温、冠水時などのストレス予防に

    アミハート®に含まれる有効成分の核酸を根元から吸収させることで、作物の発根を促進する効果があります。

    〈施用事例〉

    アミハート®は大豆に限らず、さまざまな作物で使用が可能です。例としてトマトでの事例をご紹介します

    アミハート®の施用事例

    アミハート®の施用により根張りを促進することで、弱った生育を回復させる効果が期待できます。

    〈使用方法〉

    おもな使用方法は以下となります。

    • 施用量目安:本商品を200~500倍に希釈し、根に届くよう十分量を株元に潅水もしくは葉面散布する
    • 施用回数目安:月2~4回程度で行う

    施用量や施用回数、希釈倍率は生育の具合を見ながら増減してください。

    使用上の注意点は以下となります。

    • 「石灰硫黄合剤」などアルカリ性資材と混合しない
    • 使用する前に必ずよく振る
    • 希釈時によく攪拌し、溶解してから使用する
    • 孔径0.2mm以下の灌水チューブを使用する際は、フィルターを通す
    • 希釈した液は保存せずに、その日のうちに使い切る

    >>アミハート®を試す

    「Tecamin Flower」 花芽の充実に!

    Tecamin Flower

    〈効果〉

    「Tecamin Flower」は、花芽の充実や着果の向上をサポートするバイオスティミュラントです。

    大豆の育て方において、以下のような悩みを抱えている方におすすめです。

    • 花芽を充実させたい
    • 高温時のストレスによる着花不良、落花を抑えたい
    • 着花を高めたい
    • 栄養成長から生殖成長への切り替えを促したい

    「Tecamin Flower」には、アミノ酸やりん酸の他にホウ素などの微量要素が含まれています。これらの成分が花芽を充実させ、着花の向上や花落ち防止効果が期待できます。

    〈施用事例〉

    実際に大豆栽培の事例として、無処理区とTecamin Flower区での収穫量を比較した際に莢数と子実重が増加しました。

    Tecamin Flowerの施用事例

    〈使用方法〉

    おもな使用方法は以下となります。

    • 施用量目安:10a当たり200㎖を500~1000倍に希釈(散布水量50~300ℓ/10a)して葉面散布する
    • 施用回数:着蕾期、開花期に1~2回を目安とし、防除と合わせて散布する

    施用量や施用回数、希釈倍率は生育の具合を見ながら増減してください。

    使用上の注意点は、以下のとおりとなります。

    • 「石灰硫黄合剤」などアルカリ性資材や銅剤農薬と混合しない
    • 使用する前に必ずよく振る
    • ミネラルの多い資材と併用する場合は、沈殿が生じないか事前に少量で試す
    • 高温時には施用しない
    • 希釈した液は保存せずに、その日のうちに使い切る

    >>Tecamin Flowerを試す

    「Tecamin Max」 高濃度アミノ酸が植物のストレスを軽減!

    Tecamin Max

    〈効果〉

    「Tecamin Max」は、各種アミノ酸、特に植物の生育に必要なタンパク質を作るグルタミン酸を豊富に含むバイオスティミュラントです。

    大豆の育て方において、以下のような悩みを抱えている方におすすめです。

    • 収穫物の実入りを良くしたい
    • 農薬と混用で効率的に面散布をしたい
    • 曇りの日が続き作物の生育が悪い
    • 低温で作物の生育が悪い

    「Tecamin Max」には、植物に吸収されやすい遊離アミノ酸が豊富に含まれており、作物の生育をサポートします。

    施用事例〉

    実際に大豆栽培の事例として、無処理区とTecamin Max区での収穫量を比較した際に反収と100粒重が増加しました。

    Tecamin Maxの施用事例

    〈使用方法〉

    ・ 散布量目安:150~300㎖/10aを500~1000倍に希釈する

     ※ドローンの場合:100~200㎖/10aを10倍程度に希釈する(散布水量0.8~2ℓ/10a)

    ・ 散布回数目安:2~4回程度で行う

     施用量や施用回数、希釈倍率は生育の具合を見ながら増減してください。

    使用上の注意点は、以下のとおりです。

    • 「石灰硫黄合剤」などアルカリ性資材や銅剤農薬と混合しない
    • 使用する前に必ずよく振る
    • ミネラルの多い資材と併用する場合は、沈殿が生じないか事前に少量で試す
    • 高温時には施用しない
    • 希釈した液は保存せずに、その日のうちに使い切る

    >>Tecamin Maxを試す

    植物の肥料・農業資材でお悩みの農家様へ植物の肥料・農業資材でお悩みの農家様へ

    味の素ヘルシーサプライ(株)では、本記事で紹介した農業資材に限らず長年の研究で培った独自技術を利用した、バイオスティミュラントを取り扱っています。

    植物の生育に関しては、天候不順など人の手でコントロールが難しい問題も発生することでしょう。

    味の素ヘルシーサプライ(株)が取り扱っているバイオスティミュラントは、発根促進から収穫前まで作物の生育を促す農業資材が揃っています。大豆だけでなく、さまざまな作物に施用できるため、農家様の課題やニーズに合ったソリューションのご提案が可能です。

    >>詳しくはこちらから

     

    大豆栽培のまとめ

    大豆栽培のまとめ

    本記事では、大豆の作り方や栽培過程における味の素グループのバイオスティミュラント活用方法について解説しました。

    大豆は種まきから収穫までおよそ半年かかるため、栽培歴に合わせて水やりや除草など必要な対応が変わる作物です。
    また、近年では天候不順などにより、大豆はもちろん作物の生育において求められる対策が増えています。大豆栽培において、ぜひ味の素グループのバイオスティミュラントを活用いただき、作物の生産性向上を手助けできれば幸いです。

    0件のコメント

    コメントを書く

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

    関連コラム

    関連商品

    お問い合わせ

    AgriTecno-Japanロゴ

    味の素グループアミノ酸肥料オンライン販売

    お問い合わせフォームへ
    LINEお友達追加バナー LINEお友達追加バナー