【プロ農家向け】ホウレンソウの栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

使用事例 更新日:

ホウレンソウの栽培方法とおすすめ肥料・農業資材

「ホウレンソウを栽培しているけど、大きさにバラつきがある」

「収量アップのための農業資材があれば知りたい」

「農薬とも併用できる資材はあるだろうか」


このようなお悩みを抱えていませんか?

ホウレンソウは需要が高い作物の1つです。一方で、良質なホウレンソウを収穫するためには、温度や水・土壌環境の管理などをしっかり行う必要があります。また、施肥資材についても施用するタイミングや量が重要です。


そこで本記事では「ホウレンソウの栽培手順やポイント」「おすすめの農業資材」について解説します。農業資材は、ホウレンソウ栽培での味の素グループのバイオスティミュラント活用方法についてご紹介します。ぜひ、ホウレンソウ栽培の参考にしてみてください。

〈本記事で紹介されているバイオスティミュラント〉

アミハート® Tecamin Max(テカミン マックス)

本記事を読むことで、以下のようなメリットがあります。

  • ホウレンソウ栽培の手順やポイント・注意点が分かる
  • 目的別の施用すべき資材が分かる
  • ホウレンソウの収量のアップが見込める

良質なホウレンソウを栽培することで、収入がアップするだけでなく多くの方に喜んでもらえます。商品価値のあるホウレンソウづくりのために、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

目次

    ホウレンソウ栽培の時期・栽培暦

    ホウレンソウ栽培の時期・栽培暦

    ホウレンソウの栽培スケジュールは、大きく3つの段階に分けられます。

    1. 播種
    2. 生育期
    3. 収穫

    播種から収穫までは1ヶ月半ほどかかります。商品価値の高いホウレンソウを収穫するには、播種と生育の段階における以下のような外的要因を適切に管理することが重要です。

    • 温度
    • 土壌pH
    • 施肥

    温度を例にとると、ホウレンソウの葉や根にとって最適とされている温度は15〜20℃です。気温が25℃以上になると生育が停止してしまうため、温度を最適に保つ必要があります。

    また、ホウレンソウは短期間で成長するため、肥切れしないよう注意が必要です。特に生育期においては、外的環境によってホウレンソウはさまざまなストレスを受けます。そこで、根張りをよくしたり、生育に勢いをつけたりするために葉面散布を行ったりすることが有効です。

    ホウレンソウの旬は秋から冬であり、収穫期を旬に合わせるため秋撒き栽培が一般的です。しかし、近年は品種改良や高冷地での栽培増加によって、スーパーなどで年間を通して購入できます。

    ホウレンソウの栽培方法

    ホウレンソウの栽培方法

    ホウレンソウの栽培方法には、大きく以下の2ステップがあります。

    • 種まき
    • 収穫

    ①種まき

    ホウレンソウの種を撒く際のポイントは以下のとおりです。

    ・畝に幅、深さともに1cm程の浅い溝をつける

    ・溝の中におよそ1cm間隔で均一に種を撒く

    ・種に土を被せ種と土が密着するよう軽く抑える。

    ・種を撒いた後たっぷりと潅水する。

    〈ホウレンソウの生育を早めるには、アミハートがおすすめ〉

    ホウレンソウの生育を早めるには、アミハートがおすすめです。アミハートには核酸が豊富に含まれており、発根促進効果があります。アミハートの核酸は単分子のため吸収がよく、効果を早く実感できるので以下のようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

    • 根張りをよくしたい
    • 生育を早めたい
    • 葉色をよくしたい
    • 外的環境のストレス予防をしたい

    ②収穫

    ホウレンソウの草丈が、20cm以上になったときが収穫に適している時期です。収穫する際には、ハサミで根元から切りましょう。ホウレンソウを根こそぎ抜こうとすると、草丈のまだ小さな株を傷めてしまう恐れがあるので注意が必要です。

    ホウレンソウは長日植物なので、日が長くなる頃に花芽がついた茎が伸びてくる抽台が起きます。ホウレンソウは主に葉を食べるため、花芽が形成されると栄養分が葉に十分行き渡らなくなります。そのため、抽台前に収穫しなければなりません。

    プロ農家向けホウレンソウ栽培のおすすめ肥料・農業資材

    プロ農家向けホウレンソウ栽培のおすすめ肥料・農業資材

    ホウレンソウの播種から収穫までには、栽培時期や栽培環境によってさまざまな問題が生じます。そのような問題に対処する方法の1つが、肥料・農業資材です。ここでは、おすすめの資材の紹介と実際の施用事例を踏まえた改善例を示します。ホウレンソウ栽培で問題を抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

    Tecamin Max「肉厚でしっかりとしたホウレンソウに育てる」

    〈効果〉

    ホウレンソウの生育促進には、Tecamin Maxがおすすめです。Tecamin Maxには、各種アミノ酸が高濃度で含まれています。中でもタンパク質合成に欠かせないグルタミン酸を豊富に含んでいるので、以下のようなお悩みをお持ちの方におすすめです。

    • 作物の生育を早めたい
    • 養分の吸収が弱いと感じる
    • ​​収量を向上させたい
    • 農薬と混用できる葉面散布剤を探している

    アミノ酸は植物体内でも合成されていますが、曇天・低温時など光合成能力が低下したときはアミノ酸が上手く作られません

    Tecamin Maxによって葉からアミノ酸を直接吸収させることで、植物の生育をサポートします。

     

    〈施用事例〉

    ホウレンソウに本製品をドローンで散布したことで、以下の写真のように肉厚でしっかりとした葉や茎のホウレンソウができました。

    ホウレンソウにドローンで散布

    〈使用方法〉

    スプレイヤー等での葉面散布の場合、ホウレンソウのような葉物類に対しては、10aあたり150〜300mlを500~1000倍に希釈して葉面散布を行います。一方でドローン散布の場合、希釈倍率は「10倍程度」です。施用回数の目安は月に2〜4回ですが、作物の生育具合に応じて施用量や回数、希釈倍率は調整してください。また、使用に際しては以下の点に注意が必要です。

    • 希釈液はその日のうちに使い切る
    • 長時間放置すると分離するため、使用前にはよく振ってから散布する
    • ミネラルを含む資材と混合すると沈澱が生じることがあるので、注意する
    • 高温時の使用は避ける

    ホウレンソウ栽培のまとめ

    ホウレンソウ栽培のまとめ

    ホウレンソウの栽培の手順や、栽培過程における注意点やおすすめの施用資材について解説しました。ホウレンソウは旬である秋から冬にかけて需要が高く、上手に生育することで商品価値の高い収穫物を得ることが可能です。

    およそ1ヶ月半という比較的短い栽培期間で、温度、水、土壌環境を管理しながら施肥資材もうまく活用することが求められます。肉厚で美味しいホウレンソウを収穫できるよう、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

    0件のコメント

    コメントを書く

    コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。

    関連コラム

    関連商品

    お問い合わせ

    AgriTecno-Japanロゴ

    味の素グループアミノ酸肥料オンライン販売

    お問い合わせフォームへ
    LINEお友達追加バナー LINEお友達追加バナー